前のページに戻る

移動博物館「いばらきの自然」を開催します(本館)

掲載日: 2015年05月27日
対象: ■ 本館 

本館ではミュージアムパーク茨城県自然博物館の移動博物館「いばらきの自然」を開催いたします。この展示は茨城県自然博物館が教育普及事業の一環で県内各地の社会教育施設で開催しているものです。化石や岩石、標本などのほかに触って楽しめる木のパズルなども展示する予定です。ぜひご来場ください。

会期
5月30日(土)~6月7日(日) ※展示室公開時間 10時~16時
会場
茨城大学図書館1階展示室
主催
茨城大学図書館 ミュージアムパーク茨城県自然博物館
内容
ミュージアムパーク茨城県自然博物館の移動博物館は、来館者の方々が自然へ の興味関心を高め、自然愛護思想の普及を図るとともに、博物館活動への理解を 深めることを目的として実施しています。今回の展示では多様で豊かな茨城県の 自然について、当館が所有する動物・植物・地学の標本やレプリカなどの資料を 用いてご紹介します。  茨城県は、緯度的にほぼ日本の中央に位置し、関東平野の北東部に位置してい ます。県北部には、八溝山地や阿武隈山地に属する山々が連なります。県中央部 から南側は平野が広がり、利根川や鬼怒川などの河川と、日本第2位の面積を有 する霞ヶ浦などがあり、豊かな水に恵まれています。また太平洋側の総延長190 kmに渡る海岸線の地形は、海食崖から岩礁、砂浜と変化に富んでおり、沖合で は寒流の親潮と暖流の黒潮がぶつかります。これらの自然をかたちづくっている 変化に富んだ大地のようすと、そこに息づくさまざまな動植物をご覧ください。