前のページに戻る

【土曜アカデミー】「茨城が生んだ江戸時代の地図学者」のご案内(本館)

掲載日: 2015年04月13日
対象: ■ 本館 

横山大観は水戸藩士酒井喜員(捨彦)の長男として生まれ,20歳のころ母方の縁戚である横山家の養子となりました。実父の酒井捨彦は,「常陸国全図」や「茨城県管轄輿地図」をはじめ,数多くの様々な地図を出版し,明治期における民間の地図製作者として活躍しました。しかし,酒井捨彦が作製した地図に関しては,ほとんど研究例がありませんでした。祖父酒井喜熙は,徳川斉昭の御用絵師として「皇国惣海岸図」を編纂して献上,また「関八州輿地路程全図」を刊行したことでも知られています。横山大観の父と祖父,二人の経歴と作製した地図を,新たな研究成果をもとに,わかりやすく紹介いたします。

 

 

■日時:平成27年5月23日(土) 13:00~14:30

■場所:茨城大学水戸キャンパス図書館3階 ライブラリーホール

■講師:小野寺淳(茨城大学教育学部教授)

■後援:茨城地理学会

■備考:入場無料。事前申込不要。どなたでも参加可。

 

 

茨城大学図書館では地域の皆様と、学生たちと、ともに学び楽しむイベント・講座「土曜アカデミー」を開催しております。

詳細はこちら

 

    

 

【問合せ先】

茨城大学図書館利用支援係

TEL 029-228-8076

Mail ser-lib01@ml.ibaraki.ac.jp