前のページに戻る

ラムサール条約登録記念・連続講座「人と自然の涸沼へ 2」のご案内(本館)

掲載日: 2015年11月05日
対象: ■ 本館 

2015年5月29日、涸沼(ひぬま)は、ラムサール条約という、水鳥を中心とした生物や湿地の保全、そしてワイズユース(賢い利用)を目的とした国際条約に登録されました。これまで涸沼の研究や環境保全に関わってきた茨城大学では、これを機に、涸沼の魅力を市民の皆様とともに探る連続講座を企画しました。

今回は、涸沼の豊かな自然について、ヒヌマイトトンボの発見者である廣瀬誠先生に、トンボの視点から見えてくる涸沼についてお話しいただきます。あわせて涸沼の魚類についてもご紹介します。

日時
平成27年11月7日(土) 13:00~15:00
会場
茨城大学水戸キャンパス図書館3階 ライブラリーホール
内容
探索する涸沼! 「ヨシ原の世界へようこそ!」  廣瀬誠(茨城虫の会会長)
「涸沼ニシン標本の発見!-標本記録から見た涸沼の原風景-」
加納光樹(茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター准教授)     金子誠也(東京大学大学院生)
共催
茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)
茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター
後援
茨城県 クリーンアップひぬまネットワーク 茨城町
【問合せ先】
茨城大学図書館利用支援係
TEL 029-228-8076
Mail ser-lib01@ml.ibaraki.ac.jp